HOME >院長・野口創翻訳の書籍
『針灸治療大全』~2014年5月15日発売 編著:張文進・張彦麗・張彦芳・張彦霞・張博 翻訳:相場美紀子・柴﨑瑛子・鈴木聡・名越礼子・野口創・渡邊賢一

本の内容、詳細についてはこちらのホームページでご覧いただけます。
東洋学術出版社 http://www.chuui.co.jp/book/002453.php

548病症もの内容が記された、『針灸治療大全』

第六章 1.眼科病症 2.耳科病症【513~、約100ページ】を当院の院長野口創が翻訳を担当。

以前に翻訳された「実践針灸の入門ガイド」に引き続き2冊目です。

詳しくは、東洋学術出版社のホームページにも載っております。
http://www.chuui.co.jp/book/002453.php

■本書の特徴■
◇548種という他に類をみないほど豊富な病症数を掲載
◇実際の臨床経験にもとづいてとりあげられた病症は細かく具体的で、日常の臨床におおいに参考になる
◇丁寧な病因病機と弁証の解説、そしてその弁証と結びついた処方は補瀉手技を含む具体的な操作が示されており,実用的な内容となっている
◇豊富な病症数とたしかな内容で、事典のような活用ができる




朱江 主編/野口創 翻訳 『[チャート付]実践針灸の入門ガイド』 ~2010年6 月9日発売

本の内容、詳細についてはこちらのホームページでご覧いただけます。
東洋学術出版社 http://www.chuui.co.jp/book/002004.php

[本書の特徴]
 具体例を挙げ,その病因病機1枚の図として表現することで,中医弁証の思考方法が一目で理解できる。  中医基礎理論を学んだあと,その知識を臨床にどのように活かせばよいのかを学ぶことができる。  自ら病因病機図を描いてみることで,弁証論治の実践トレーニングになる。

『[チャート付]実践針灸の入門ガイド』 内容見本


『[チャート付]実践針灸の入門ガイド』 主編の朱江先生が、来日・講演されました!
第59回 (社)全日本鍼灸学会学術大会 大阪大会(大阪国際会議場 グランキューブ大阪) http://taikai.jsam.jp/program.html

「日中韓鍼灸コミュニケーション」
◦日時:2010年6月13日(日) 9:00~10:30
◦場所:第1会場(メインホール)
◦演者:朱 江(北京中医薬大学針灸学院)「中国における鍼灸の現状」 ※スライドの翻訳・監修:野口創

講演後、朱江先生、金先生、張先生、解先生が当院を訪問してくださいました。

 著者・訳者近影。
スタッフ一同と スタッフ一同と。
治療室内にて。 治療室内にて。




ホームに戻る   ページのトップへ