HOME >Q and A

Q and A

第5回 足経絡マッサージ(足反射療法)とはどのようなものですか?


A.臓器や器官と反射的なつながりのある足裏は、第二の心臓。

「足は第二の心臓」といわれ体の臓器や器官と反射的なつながりのある神経が多く集まっているところ。その足の反射区を刺激することにより、血液の循環を活性化させ、リンパ液の流れも良くし、病気の予防や疲れを取り除くというものです。
★詳しくは→足経絡マッサージ

足反射療法
足反射療法




ホームに戻る   ページのトップへ