HOME > 治療のすすめかた > 足経絡マッサージ > 足経絡マッサージ治療のすすめかた

漢方鍼灸治療のすすめかたカウンセリング

問診、舌診、脈診 → 弁証

体質、症状に合わせて、足裏にある内臓反射区を刺激


Tailor-made Treatment Program(治療のすすめかた)


① ①来院時
まず初めにカルテにご記入頂きながら、症状を伺います。 「お悩みの症状は?」
② ②足湯
漢方成分配合の、血行促進効果の高い薬湯に足をひたしていただきながら、詳しく体調などの問診をさせていただきます。
「足は冷えやすいですか?むくみやすくはないですか?」
③ ③マッサージ開始
クリームを塗り、マッサージを行っていきます。反対側の足も冷えてしまわないようにタオルで包み保温。
※ラベンダーやローズ、グリーンティーのエッセンス入りマッサージクリームです。
④ ④足裏反射区
内臓に対応する反射区を刺激。反応の出ているところや老廃物の溜まっている所は特にしっかり・丁寧に。
※痛気持いい程度の刺激です。
⑤ ⑤足裏だけではなく、膝下あたりまで。
「ふくらはぎって、意外と気持よいでしょう!」
⑥ ⑥八宝茶
施術後は「八宝茶(はっぽうちゃ)」でほっこりと。「八種類の生薬が入った、デトックス効果のあるお茶なんですよ~」

足薬湯と中国生薬茶

足薬湯足の反射区(足のツボ)刺激による治療効果を、一層高めるために、当院では、
《治療前に足薬湯、後に中国生薬茶を飲む》を行っています。

足湯に含まれる漢方生薬(紅花・地膚子・蛇床子などの生薬配合)の効能は、活血→血液の循環を促進、行気→気の流れを促進、利湿→水分代謝を改善し、むくみを取るのです。

足薬湯は、生薬の効能を最大限に引き出すように煎じたものです。少し熱めの状態で足を約10分間浸け、その後、専用のオイルに薬草の油分を数滴加え、擦り込むようにして手で丁寧に足の反射区を刺激していきます。足裏の刺激は血流や各器官の機能を改善します。

中国生薬茶1中国生薬茶2約1時間の治療の後、中国生薬茶を飲んでいただきます。これは足反射区刺激で胃腸などの消化器系臓腑の働きがよくなっているところへ解毒(老廃物を代謝)作用の高い生薬茶を飲むと更に治効作用が高まるからです。

生薬茶

お問い合せ・ご予約はこちらから




ホームに戻る   ページのトップへ